渡航の事前入国許可

近年、短期間の海外渡航でも注意しないといけないのが、事前の入国許可申請手続きです。この手続きを行ってないと、旅行当日に空港で航空機への搭乗を断られる羽目になります。

この事前の渡航許可システムで最も歴史が古いのがオーストラリアの入国許可であるETAS(イータス)です。これは10年前から導入されています。旅行の前にネットを利用してオンラインで手続きを行うようになっています。 オーストラリアへの渡航許可は渡航者のパスポート情報で電子的に管理されて 観光、会議出席などのビジネスを目的とした短期滞在ができます。

アメリカの渡航許可はESTA(エスタ)と呼ばれます。ビザ免除プログラムであるVWPを利用して渡米する旅行者の適性を事前に審査するシステムです。このESTAは、アメリカ国土安全保障省によっり2009年1月から義務化されました。ビザ免除プログラムを利用できるので90日までの短期商用・観光を目的に渡航できます。同様にネットのオンライン利用で手続きができます。

カナダの入国許可はeTA(イーテイエー)、2016年3月から義務化されました。カナダに空路で入国する場合に渡航日より前にオンラインで渡航認証を受ける必要があります。アメリカから自動車やバスなどで陸路入国する場合は必要ありません。

そしてニュージーランドの入国許可NZeTA(NZイーテイエー)、本年10月より導入されるとのことです。NZeTAはビザなしの渡航が可能になります。やはり渡航日より前にネットで申請します。今後も、このシステムが多くの国で導入されるものと推察されます。

Reiwa-新時代の幕開け

reiwa1「令和」は英語で「Beautiful Harmony=美しい調和」と説明されるという趣旨を日本政府が示して1ヶ月がたち、本日5月1日に新しい時代がスタートしました。

BBC放送が「order and harmony」と表すと報道しました。「令 は Command=指令」を意味すると報じるメディアもありました。英ロイター通信 「令は command=指令」の意味でよく使われ、good(良い)や beautiful(美しい)の意味もある。「和 は peace=平和 や harmony=調和」といった意味があると伝えています。

留学の形は、平成時代に多様化をしました。その前の昭和時代は、アメリカ、イギリスなど西洋への留学が中心であったのに対して、平成時代は、中国、フィリピン、シンガポールなどへの留学もポピュラーになりました。されにそれが加速して、近年はベトナムやインド方面への留学プログラムが人気を集めています。

留学渡航先となる国は、国の発展の度合いに伴ってマーケットが大きく変化しています。将来においては、アフリカ諸国で開催される英語研修、フランス語留学や、マダカスカル、フィージー、マルタなどのリゾート英語圏への留学も伸びると見込まれます。

令和が終わる頃には、社会も、留学も、その形やが大きく変わっている可能性があります。令和時代が平和で、日本に繁栄をもたらし、さらに国際交流とその理解が進むことを期待したいと思います。

英語教育と留学

英語の学校教育が進化変遷の時を迎えています。

最近の小学校の授業の取り組みとして、タブレットやデジタルブック、それを映し出す黒板型の電子ディスプレイ英語の授業に取り入れられてきました。2019年度には、このシステムが全国で1000校程度の小学校に導入されるとの報道です。
その流れは、中学高校にも及んでいきます。

教師は、メインPCから生徒のタブレットにアクセスして、その内容を抜き出し、前面の画面に映し出して授業を進めています。しかし、ディスプレイは目に良くないことから、授業に使用する時間を半分程度に抑えて進行する模様です。このシステムで、学校教育のデジタル化は益々進んで、教師の指導方法も大きく変わって行きそうです。生徒には「暗記ではなく考える」という思考発展型の教育が浸透していくことは間違いないようです。

10年後には、バーチャルでの英語教育が浸透して、例えばゴーグルを使用して、外国旅行、海外留学、そして外国人との英会話の疑似体験ができるシステムが取り入れられる可能性が広がります。

しかし、デジタルITによる教育が普及する状況に反して、子供たちの英語学習では現実的アナログの催しも重視されると予想します。外国人との触れ合いに重きを置いた企画体験として、例えば外国人の英語講師を学校に来てもらい、英語の歌を一緒に歌ったり、また英会話のロールプレイングを開催して、海外生活に近い環境を身近で子供たちに体験させる「人間性が溢れる」催しも開催されます。

将来にわたって年を追う毎に教育現場のデジタル化が進むことは間違いありませんが、いつまでも人間として血の通う授業でであってほしいと思います。

minimini

新元号「令和」が決定

新元号「令和」が本日4月1日に発表されました。元号発表のテレビ中継をご覧になった方も多いと思います。丁度、成田空港からアメリカ留学に向けて出発する留学生からメールが入り「元号が令和に決まり歴史に残る日に出発できて忘れられない思いで日になります」という連絡が入りました。時代は確実に平成から令和に移っていきます。

新元号を予想するイベントは、昨日まで各地で続き、お祭り騒ぎになる場合もありました。東京や大阪の一部のスーパーや商店街などでは元号を予想するクイズキャンペーンが開催されました。元号予想が当たったらお買い物券がプレゼントされるというものです。ウエブサイトではドメイン名の予想登録が相次ぎました。新元号を当ててドメインを販売しようという取り組みなのでしょう。しかしreiwaを予想した人はほとんどいなかったと思います。

今回の新元号予想は、天皇陛下の生前移譲という状況から明るい雰囲気の中で幅広い年齢層が予想に参加しました。最新技術の人工知能(AI)を駆使して新元号を予想するという取り組みもあったようです。私たちも新しい元号の時代にこそ、新しい留学の時代を求めて令和の文化を求め続けます。

平成時代の31年間は、実際に日本の教育制度も国際環境に対応して大きく変化しました。インターネットの普及もともない英語の重要性が叫ばれました。大学入試改革も進んできました。中学生、高校生からの海外留学が奨励され、トビタテ留学Japanなどでは多くの若者が新しい留学プログラムへ参加をしています。令和の元号のもとで、日本の国際文化がさらに発展して、新しい留学文化が根付くことを期待したいと思います。

アメリカ留学と花粉症

福岡から広島に戻ってきました。博多駅でくしゃみが止まらないので、薬を購入しました。いよいよ日本は花粉の飛散で、悲惨な毎日の花粉症の時期になりました。

ところで、留学でアメリカへ行けば花粉生を逃れられるのでは、と思っている留学生もいるでしょう。アメリカだから、花粉症にはならないだろう、と思ったら大きな間違いです。日本とは種類が違いますが、実はアメリカにも花粉が飛んでいます。あたりまえの話ですが、花粉は世界中で飛んでいるのです。

留学生も注意が大事です。外国で「なんか鼻がムズムズする。のどがかゆいし鼻もつまる。」と思ったら、それは花粉が原因です。花粉症の人は日本から薬を持参する必要があります。アメリカにもアレルギーに効く薬がありますが、ドラッグストアで見つけるまでは大変な思いをします。

アメリカへの留学生のために花粉症に関する情報を紹介します。花粉症の時期はいつかというと、アメリカの花粉は春から秋までがシーズンになります。季節によって花粉の種類も異なるので、留学生は注意が必要です。4〜9月の夏から秋のはじめにかけて、朝から目はかゆい、くしゃみは止まらなくて大変な事があります。心配な時は朝に薬を1錠飲んでから留学先の学校に行きましょう。ピーク時は薬が絶対に手放せません。

どんな花粉が飛んでいるかというと、主な花粉は Grass(草)、Tree(樹木)、Weed(雑草)、Ragweed (ブタクサ)などです。アメリカは広いので、花粉の種類は、季節や州、地域によってまちまちです。一番有名なのは、ブタクサ(Ragweed・ラッグウィード)です。アメリカ人は、4人に1人がこのブタクサの花粉症と報告されています。日本のスギ花粉は3人に1人なので、どこの国でも近年の地球温暖化の影響からか、花粉に対するアレルギー症状を示す学生は多いようです。これから、アメリカの高校、大学、語学学校へ留学する方々は、絶対に花粉症の薬を持参してください。

イギリスEU離脱による留学変動

イギリスのEU離脱、いわゆる「ブレグジットの影響が各方面に計り知れない」と新聞などで大きく報道されています。2019年、いよいよ今年に差し迫ったこの時期でも、条件調整が難航しています。

実はこの状況が今後イギリスに留学を予定するヨーロッパ人留学生に影響を及ぼすことが懸念されているのです。この問題は、政治や通商に係わらず、高校、大学、大学院教育の現場にも影響を与える可能性が語られています。

イギリスのメイ首相は2017年1月に移民問題と司法権などのイギリス主権を優先するためにEU離脱への意向を主張しました。EUとの離脱に向けて交渉を幾たびも重ねましたが、EU側とイギリス議会との間の離脱となる条件がまとまりません。調整が難航すると、一切の「合意なき離脱」となりイギリスのみならず、ヨ-ロッパさらには全世界に影響をもたらすといわれています。

実際にイギリスはドイツに次ぐEU主要国であるために、イギリスがEUを離脱することは、ヨーロッパ諸国をはじめとする世界各国にとって驚きでした。イギリスがEU離脱する大きな理由は「移民問題」です。イギリス国内の失業率、社会的経費の負担などの理由からドーバー海峡を渡って押し寄せる移民を食い止めたいとの意見が広がるのは無理からぬところです。

ところで、現在まで、イギリスはEUからの留学生には自国の学生と同じ学費を設定しています。これに対して、日本を含むアジアからの留学生には「インターナショナル・スチユーデント・フィー」として、通常の倍以上の学費を設定しています。

例えば、日本人がロンドン大学に留学するのには約2万ポンド、それに対して英国人とEUからの留学生には8千ポンドですから、この差は歴然です。イギリス大学協会の発表では、「EU離脱後は暫くの間は現在の学費制度を維持するが、英国主権主義の動向に応じて段階的にこの大学学費を引き上げざる得ない可能性がある」との状況から、将来、EUからの大学、大学院留学生が激減することが予想されます。今後、イギリスの高校や大学などの教育機関の動向から目が離せません。

2019年 謹賀新年

平成31年 新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
エース留学センターは1月4日より留学カウンセリングを開始します。反響の多いトビタテ!留学Japan で海外に旅立ちましょう。

今年留学を予定される皆様、現在海外へ留学中の生徒さん、そして留学生の国内在宅のご家族の方々、平成最後となった新年をどのように過ごされたでしょうか。今年もエース留学センターは、高校留学、大学留学、英語留学、ワーキングホリデー、文化交流プログラム、春夏の学生向け短期研修、大学・大学院留学プログラム、インターンシップ、ボランティア活動支援などの手配に全力を尽くしてまいります。

広島県、岡山県、山口県、愛媛県、福岡県をはじめ九州各県のお客様からも多数留学についてのご相談や問い合わせを頂くエースは、設立30年を超えて、中国地方では留学手配実績第2位にランクされるようになりました。さらに、英会話、TOEIC、TOEFL、IELTSの語学指導から、留学の現地手配までをトータルに進めるエージェントとして幅広い信頼を戴いています。今年もエースは、スタッフ教育の充実と、情報収集などの設備を充実して参ります。広島県を襲った様々な災害などの出来事があった平成30年が明けた本年は昨年以上に充実したプログラムを作成しますので、エース留学センターを海外渡航や留学生活のためにお役立て下さい。

Nenga19

語学留学で資格をめざそう

広島、岡山、福岡、山口、島根、愛媛から参加者の多い海外留学プログラム、その中で特に注目される「英語を学びマスターするための留学」である語学留学の目指すべき資格について考えてみたいと思います。

留学後に帰国して、単に英語が出来ると言っても、どれ位のレベルの能力なのかを世間で理解できる形で示せる「資格の取得」が鍵になります。世界各国の英語学校で学ぶと各留学コース最終日に修了書が授与されますが、国や留学研修施設によって修了レベルは異なるために、やはり国際的な基準である英語検定テストを受験して資格を示すことが大切になります。

最もポピュラーな資格がTOEIC(トーイック)です。TOEICは、特にアジアを中心に受検者数も多くビジネスの場で有効なコミュニケーション能力を示す資格として重視されています。このテストで、少なくとも730点以上を獲得したいもので、この点数は一定の資格として履歴書に記載して社会的評価を得ることが可能になります。

将来、大学や大学院に進む可能性のある人はアカデミック英語として評価が高い TOEFL(トイフル)やIELTS(アイエルツ)の資格取得をお勧めします。これらのテストは、教育機関で学ぶための基本となる学科英語を網羅して学問的な内容で構成された試験であることが特徴です。TOEFL iBT であれば80点、 IELTSであれば Band Score 6.0を目指すと良いでしょう。語学留学先には、これらのコースが留学生のために開講されています。

最後に日本の英語資格といえばやはり「英検」です。英検準1級は、多くの教育組織や企業で評価されるレベルです。さらに、これより上の英検1級は希少価値のある資格で、この1級を持っていれば国家資格の通訳検定の英語試験が免除されます。これから海外へ留学する皆さんで語学留学をする方は、これらの資格を目指して留学先で頑張って下さい。

shikaku

 

カナダ査証バイオメトリスク

カナダのビザ申請方式が来月(2018年12月31日)以降より変更されますことになりました。新規申請には指紋と写真の提出が必要になります。いわゆる「バイオメトリクス=個人識別情報」をワーキングホリデー・ビザと学生ビザの申請に取り入れることがカナダ政府により決められました。ビザを申請する時に、東京のビザセンター(VAC)にこの手続に行かないといけないので留学は大変です。

この指紋など身体的特徴を認証する個人識別情報は、本人確認と保安のための制度として認められており、多くの国のビザ申請や入国審査に取り入れられているシステムです。事前に取得した個人情報を入国時に照合して、リスクのある人物でないか、すり替え渡航者でないかを確認することになりました。

この手続ができるのは東京のビザセンター(VAC)だけで大阪ではできません。日本中のカナダの学生ビザ申請をする留学生で相当混み合うことが予想されます。この手続のために遠方から東京に行く人は相当の出費になります。広島から行く方も大変です。

◎カナダビザ申請センター情報
住所:東京都港区芝1-4-3 SANKI芝金杉橋ビル4階
費用:バイオメトリクス取得 C$85
特例:申請時に14歳以下、または79歳以上の方は免除されます。また、6ヶ月以内の留学は提出は不要でeTA取得のみで入国できます。但し、カナダ国内でこの滞在期間変更はできません。既にビジターや就学者としてカナダに居る方は、新たな申請をしない場合にはバイオメトリクス提出は不要とのことです。

カナダが大麻使用を合法化

カナダ議会で娯楽目的の大麻使用を認める法案が可決されたとの報道がありました。この法案はカナダ議会上院を「大麻の栽培、流通、販売を一定の規定により許可する」もので、個人の大麻使用を認める法案として可決したと伝えられました。

カナダの人はカナダ国内で、大麻と大麻油などをライセンスを持つ大麻ショップから購入できるようになり、インターネット上でも大麻の注文ができることからアマゾンなどでも販売される可能性があります。カナダに留学する日本人や非大麻地域からの留学生の現地生活に影響を与えそうです。

この規制の内容としては「30グラムより多くの大麻の所持、1家族につき苗木4つより多くの大麻の栽培、認可を受けていない業者からの大麻購入」は許可されない、そして所持が許されるのは18歳以上の年令制限がを設けるとあります。

日本人の大多数は、大麻は薬物という判断から馴染みがありません。古くはアヘン戦争の歴史があり、大麻は国を滅ぼすというイメージがあるのかもしれません。カナダの首相は、カナダ人は世界で大麻使用の多い国民で、大麻が生活の必需品になっているので法律によってこれを流通させる見解を述べています。さらに、大多数のカナダ人が大麻合法化に賛成しているとのことです。カナダ以外では、ウルグアイも大麻生産と販売を合法化しアメリカのコロラド州やカリフォルニア州なども娯楽目的の大麻使用を許可しています。

麻薬類の国際的な合法普及が良いのか悪いのかは分かりませんが、アメリカやカナダに留学する方々は留学先での自己管理を行う必要があります。日本人の留学生の大麻の使用は、日本の法律がそれを禁止していることを留学生活において周知する必要があります。さらに、大学生留学生や高校生留学生には、少なからず精神に影響を及ぼす大麻の使用は推奨できません。時代の流れ、トレンドの変化であるとしても、「安心と安全」を留学生活の中心に添えるべきでしょう。