海外留学での国際貢献

アメリカでひとつの国際問題が発生しました。アメリカ大統領トランプ氏が12月6日に、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教共通の聖地であるエルサレムを、イスラエルの首都と認定するという方針を固めてイスラエルのアメリカ大使館を、テルアビブからエルサレムに移転するとアナウンスしました。

この内容は相当に難解なので、国際政治の専門の方ににその評論をお任せするとしますが、問題なのは、この措置によって世界がより混乱を極めて、その結果留学生や国際文化活動を海外で目指す若者たちがテロの危険に遭遇するリスクが高まったことにあります。

世界中の人々が戦争を回避して平和に暮らせることが永遠のテーマであるにしても、異なる宗教、主義、主張の壁を越えて多様な民族が、それぞれの利益や言い分を互いに理解して共存を継続することは難しいのが現実です。

これから留学する方々が、その渡航先がアメリカやカナダなど北米でも、イギリスやヨーロッパ諸国でも、あるいは比較的テロ事件の発生する可能性が低いといわれるオーストラリア等オセワニア諸国でも、常に海外で生活を送るのに今まで以上に気を引き締める必要があります。日本人の私たちが海外で出来る限られたことといえば、自分の安全を自分で守り、その中でしっかりと学び、あるいは可能な範囲で国際交流活動をして事故や怪我なく日本に帰国することこそが国際貢献の基本であると言えるでしょう。

 

heiwa

留学生便り…アメリカの銃事件

アメリカの大学語学コースに留学中のエースの留学生の山内さんから昨日メール届きました。日本のテレビでドナルド・トランプ大統領のスピーチ映像と共に伝えられた「テキサス州の教会での銃乱射事件(以下の記事を参照下さい)」についてです。アメリカで留学生活を送っている日本の大学生や高校生は、日本では起きることのない重大な事件によって、少なからず動揺をしている模様が伝わってきます。

日本でもピストルなどの「銃による凶悪事件」は起きているようですが、それらは暴力団抗争などの事件としてまれに起きたという記憶がありますが、集団で一般の人が犠牲になるという銃による事件は記憶にありません。日本での事件は、刃物によるケースがほとんどだと思います。

実際にアメリカへ留学して現地で生活を送る時には、夜間の外出や、現金の持ち歩き、人の集まるところに行かない、政治的な集いあるいは宗教的な催しに参加しない、などの注意が必要です。アメリカでも、イギリスでも、フランスでも、銃による事件は、そのほとんどが前述した状況下で起きています。

外国での生活では、自分の身は自分で守るという気持が重要になります。これから留学をされる方々は、自分だけは大丈夫という気持を捨てて、常に安全な行動をするように心がける必要があります。

BBCニュースジャパン 2017年11月6日配信

米テキサス州サザーランド・スプリングスのキリスト教バプテスト派教会で5日午前11時半(日本時間6日午前2時半)ごろ、日曜礼拝中に男が銃を乱射し、少なくとも26人が死亡したという。警察によると、男は事件直後に死亡しているのが発見された。
グレッグ・アボット州知事は記者会見で、死者数を発表。同州史上最悪の乱射事件だと述べた。
「苦しむ人たちにとって、長く辛い追悼の日々が始まる」と知事は述べた。
テキサス州公衆安全局のフリーマン・マーティン氏は、被害者は5歳から72歳だと話した。調べによると、少なくとも20人が負傷し、病院に運ばれた。
マーティン氏によると、容疑者は20代前半の白人男性。黒ずくめの服服装で、防弾チョッキや戦闘服のようなものを着ていた。アサルトライフル(自動小銃)を持ち、教会前で発砲し始めた後、礼拝中の教会内に入り乱射したという。
地元住民が「自分のライフルをつかみ、(容疑者に向かって)撃ち始め」、男は車両で逃走。住民が車で追跡したところ、男の車両が障害物に追突して停止した。警察は、容疑者が車内で死亡しているのを発見したが、自分で自分を撃って死亡したのか、反撃した住民に撃たれて死亡したのかは不明だとマーティン氏は説明している。
米メディアによると、銃撃犯はデビン・P・ケリー容疑者(26)。警察は、男の身元を発表していない。
被害のあったファースト・バプテスト教会のフランク・ポメロイ牧師は米ABCニュースに対して、自分の14歳の娘アナベルさんが乱射で死亡したと話した。牧師夫妻は事件当時、オクラホマ州にいたが、娘について「とても美しい、特別な子供だった」と電話インタビューで話した。
教会に近いサンアントニオのユニバーシティー・ヘルス・システム病院はツイッターで、子供4人を含む負傷者を少なくとも10人、手当てしていると明らかにした。

tekisasu

留学ホームステイの留守維持費

海外留学をしている方々が、留学先学校の夏休みや冬休みの短期間を利用して日本への一時帰国や現地の旅行などで、滞在先のホームステイを留守にするケースでの部屋の維持費「ホールデイング・フィー」の支払いについて今回は説明をしたいと思います。

留学ホームステイ先のホストファミリーは、日本で言うと「下宿屋さん」として生徒さんを自分の家に業として滞在をさせているので、継続的な部屋代を請求してくるケースがあります。これは、国や地域によって様々ですが、オーストラリアでは一般的なシステムです。カナダ(ブリテッシュ・コロンビア州)ではケースバイケース、ニュージーランドではオークランドのホストファミリーでは請求をされる(地方都市では請求されるのは現在のところ無いようです)場合が多いようです。

通常請求される金額は、毎週(毎月)支払っている代金の半額程度です。その理由は「食事を取らないので食費分の半額をホームステイ代金から差し引く」というものです。しかし、代金を支払う生徒さんの側からすると1ヶ月の不在期間となると、通常の半額といっても決して軽視できない出費になるので、休暇期間でホストの家を出発する前にホストファミリーの方に、いくらにして頂けるのかを粘り強く交渉するのが最善だと思います。その交渉を行っておかないと、語学留学などで渡航した時にホームステイ先に支払っているデポジット(保証金)を後で失う場合もあり得ます。

留学では、予期せぬ問題が起こるので、留学生の皆さんは常に何事にも事前に交渉するスタンスで対応して下さい。

hold-fees

語学留学の海外渡航準備

外国で語学留学などの長期留学を目指す方は、しっかりした計画と綿密な準備が必要です。最初はバクゼンとした留学への思いでいいのですが、時間の経過とともに、少しずつ具体的な渡航計画を立てることが語学留学成功の秘訣です。といっても「何から始めたらいいのかわからない!」と悩むことがありますが、プロの留学センターが海外渡航準備をお手伝いします。相談しながら一緒に海外渡航準備を始めましょう。

語学習得の王道は海外留学であり、海外生活です。一歩日本を出たところから必要となる「サバイバル・イングリッシュ」である生活英会話の準備を始めて下さい。日本を出発する時に一定の語学力を身につけておくことが語学留学であっても必要です。より充実した留学生活は、事前の英語学習の成果に影響されます。英語が初級の方は基礎英会話を、中級の方は応用を重視したレベルの英会話を、しっかりと身につけておきましょう。

ところで、プロの留学カウンセラーは、長年の相談経験や実際の留学例から多くの体験談を知っています。広島、東京、名古屋、高松、岡山、福岡でも受けられる留学相談会で聞いた留学カウンセラーの最新情報と知識をあなたの外国生活に生かしましょう。

ビザの申請が必要な中期・長期留学はこの渡航手続きに思う以上に時間かかります。遅くとも出発予定日の3ヶ月前には具体的な手配を開始したいものです。短期留学や短期ホームステイは出発予定日の2ヶ月前を目安にして手配を申し込みましょう。出発予定日間際の申し込みは、参加者の希望する渡航計画変更を余儀なくされる場合があります。

party

 

AICJの高校生と留学の便り

広島市の名門国際高校として知られるAICJ中学・高等学校より、学校の2017年秋の便りが届きました。AICJ中学・高等学校は、地場である広島市で「世界の名門大学を目指し、IB国際バカロレアを取り入れた本格的なワールドスクールとして、日本国内の一流大学はもとよりケンブリッジ大学やハーバード大学など世界の名門大学への進学の実績を持ちグローバル社会のリーダーを育てる高校として、ニュージーランドのオークランドにも海外校を展開されています。

激変する国際的な環境と国際社会の中で、日本の将来に貢献する人材を育てるとともに、あらゆる分野で国際的に活躍できるグローバルな人材の育成を目指して世界に広がる教育を行うことに定評のある学校として広くその名を知られています。

この学校が素晴らしいのは、指導される先生は全て優秀な日本人と外国人の方々なので、2016年英検の準1級1次合格者が102名に上がっていること、さらに中学生で難関である英検1級に合格した生徒さんが複数在学されていることです。これらの実績を得るためには、学校自体が英語教育に真剣に立ち向かわないと達成できるものではありません。

いつも、貴校のお知らせを当留学センターにお送り頂きありがとうございます。AICJの皆様方の今後のご発展とご健康をお祈り申し上げます。

学校説明会:広島市 2017年10月9日(日) 他全国主要都市で随時開催
試験開催日:2017年12月10日(日)

aic-aki

英語力で教員の採用を優遇=留学のチャンス

英語の習得の「王道」は留学です。語学留学、大学留学、海外生活体験留学、高校留学、近年は中学校留学などの様々な海外体験プログラムの利用が脚光を浴びています。

2017年3月26日の読売新聞が配信したインターネット・ニュースによると、「2016年度の小学校教員の採用試験で、実用英語技能検定(英検)やTOEICテストで一定の資格を取得した教員採用試験受験者に、評価点数を加えた措置を取った全国の教育委員会の数は30を超えた」と発表されました。

このような状況から、今後は教員を目指す方々は、英語の検定資格の取得が避けて通れない条件となりました。将来、学校の先生を目指す大学生の間では、学生のうちに海外留学、例えば語学留学とか、インターンシップやワーキングホリデーに参加して、英語・英会話の基礎をマスターして、大学卒業までにこれらの検定資格を取得する意向の生徒が増加しているとのことです。実際に、最近流行のフィリピン語学留学には、多くの大学生が、大学生留学と称して参加しています。

来年度からは、これに加えて、10都市の教育委員会が新たに英語資格制度の評価優遇制度を導入する意向とされています。これは、2020年度に小学校で、英語が正式な教科(教科化)とされるのを前提にして、英語力の高い教員の獲得と同時に養成を行おうという取り組みの一環です。

特に、福島県、静岡県、大阪府、長崎県、広島県など26都市教育委員会では、英検やTOEICの結果が一定水準の受験者に対して、1次試験と2次試験でも加点を行ったということで、英語の重要性が示されています。

新年に留学を目指しましょう

年も変わり、平成29年、2017年も無事に明けました。本年も海外留学のプログラム企画にエース留学センターはまい進してまいります。

留学の最大のメリットは何でしょうか。それは、日本で得ることの出来ない体験を、外国という舞台で行い、貴重な経験ができることです。特に20代から30代の方々は、これからの日本を背負っていく年代ですので、外国で広く生活体験して、その思いを将来に活かして頂くことこそ国際時代への貢献ができると信じています。

留学は、留学先となる学校や、ビザによって、参加申し込みに年齢制限がある場合があります。ワーキングホリデービザは、今後35才までの発給が可能になる可能性がありますが、やはり十代~二十代の、または三十代前半での取り組みが有利だと思えます。もちろん、六十才を超えて留学をされている昨今、年令に関係なく参加できる海外プログラムは少なくありません。

逆に、若年者の留学は、留学先が外国の中学や高校なので同年齢の生徒と数学、理科、社会などの科目を英語で学べることから、相当に意義があることだと思います。最近の大学留学は、年令に関係なく外国のカレッジや総合大学、大学院で学ぶことが出来るので、年令に関係なく修学のチヤンスがあります。あなたも今年こそ、外国の学問の場で活躍されるのはいかがでしょうか。

平成29年の留学に向かって

平成28年末から平成29年は、12月29日(木曜日)より、平成29年1月5日(木曜日)までが休業となります。1月6日(金曜日)午前11時より通常通り営業を行います。本年は当留学センターをご利用下さいまして有り難うございました。

2016年中は、エース留学センターを多くの皆様が、高校留学、大学留学、語学研修、ワーキングホリデー、インターンシップ、オーペア・マザーヘルプ、海外日本語講師、海外生活体験プログラム、そして留学準備にための英会話プログラム、さらには、TOEFL、TOEIC、IELTS、英検コースに参加下さいました。本社スタッフ一同、ご参加下さいました皆様方に大変感謝申し上げます。

もうすぐ今年「申年」が終わり、来年は酉年となります。あっという間に過ぎた今年一年でした。時の流れは早いものだとつくずく感じています。

ところで、酉=とりは、ビジネスなどに縁起がよい干支とされます。「とり」が「とりこむ」といわれる由縁によるもので、好景気が到来することを期待させます。さらに酉年の人は「新設で世話好き」とあります。来年に、年男、年女になられる皆様にはぜひ活躍して頂きたいと思います。エースの関係者の皆様方、ホームページをご覧の皆様方は、ご家族おそろいで是非良いお年をお迎えください。

来年も留学と語学教育で社会に貢献するエースグループを、どうぞご愛顧下さいますようにお願い申し上げます。

tori

日本の英語教育が変わる

最近の新聞やテレビで報道されている小学校の英語科目の正式教科としての導入。文部科学省によると、国語、算数と同じように教科として扱い、テストをして、正式な評価を行うとのことです。

実際のところ、台湾や、韓国に比較すると、英語の早期教育が送れていると言われてきた日本では、これをもって英語教育が大きく変化するターニングポイントとなりそうです。それに伴い、高校入試での英語試験の内容の実務化や、大学入試の英語内容が4技能をメインとしたものに変わるといわれています。

2020年から大学入試の英語が変わり「話す力と、書く力」が重要なポイントとなります。毎年、年が明けると国公立大学では出願がスタートし私立大学は一般入試が始まります。ほとんど同じ時期に本格的に大学入試のシーズンが到来します。そして平成33年度以降の大学入試は「大学入学希望者学力評価テスト」としてその内容が大幅に変わるとのことです。

今後の英語試験では「話す、書く、聞く、読む」4技能を総合的に見て評価する形式となる予定です。これは2015年に文部科学省の「高校大学接続システム改革会議」で、国語、数学に関して記述式問題のイメージ例が提示されました。その時に英語に関しても4技能を評価することが決定された上で大学入試センター試験の後継組織、通称新センターが基準を作り民間の資格や検定実施機関が試験の原案を作成、実施、採点をする為のシステムが提案されました。

これまでの大学入試センター試験のようなマークシート方式の試験をするのではなく、国語、数学の記述式問題と共に英語の試験を行なうことを検討しているとのことです。英語の場合は、スピーキング能力の教科も重要課題です。現在のセンター試験は、英語はリスニングとリーデイングですので、これに話すことと英語で書くといった能力に関して測定する試験方式は有効なものとされます。大学は、国際社会で活躍できる人間を育てる為に使える英語の教育に力を注いでいくことになります。

イギリスの物価高

先月末に、ロンドンで、CELTAのレセプションがあったので1週間のヤ短期渡航で行ってきました。ロンドンは、いつも賑やかで、活気がありますが、近年物価の上昇が激しい異様です。まず、ホテル代金。いともGreen Parkの地下鉄駅近くのホテルに泊まるのですが、宿泊代金が昨年より30%上がっていました。ロンドンの知人によると、イギリスの大都市圏では人口増加と近年のオフイスラッシュと中国によるテームズ川流域の商業地帯の買収によって、土地の価格が上昇し、レントがOsford Streetなどでは50%位上がったとのことでした。その影響から、ロンドン中心地の英語学校も難航か閉鎖したり、校外へ引っ越したそうです。
レストランで食事をしても相当な代金がかかり、例えば Leicester Square 近くのイタリアレストランではピザ、サラダとパスタ定食を食べると£45(5300円)もかかりました。とにかくロンドンは物価が高くなり、まるで北欧のような物価高です。勿論、安くすまそうと思えばイギリス名物のFish & Chips もありますが、それさえも中心地と郊外店では金額に相当な開きがあります。3泊目からは Kings Crossのホテルエリアに移動しましたが、それでも決して安くないホテル代でした。